PPS(特定規模電気事業者)と契約を結ぶ事によりお客様のコストカット(経費削減)をする事が出来る場合が有ります。(一切費用はかかりません)

電機各社の太陽電池事業が急回復 固定価格買い取り制度導入で転機

Sankei biz 6月24日(木)08時00分配信

 シャープなど電機各社の太陽電池事業の業績が回復している。シャープは2013年度に同事業の営業黒字化を、京セラも13年度に同事業全体で増収を見込む。政府が再生可能エネルギーを普及させるために昨年7月に導入した「固定価格買い取り制度」により、大規模太陽光発電所(メガソーラー)や店舗、一般住宅向け太陽電池販売が好調に推移、各社の業績に日が差している。
 シャープの太陽光発電事業の営業赤字は11年度の219億円から12年度は44億円に大幅縮小した。今後も業績の回復傾向が続くとみており、13年度は60億円の営業黒字転換を目指す。
 京セラはメガソーラーの国内出荷量が大幅に伸び、13年度は事業全体で増収の見通し。パナソニックは13年度の太陽電池の国内出荷量について12年度比約1.3倍の見通しだ。
 好調の要因は政府の固定価格買い取り制度だ。東京電力福島第1原発事故後、政府は再生可能エネルギーの普及を目的に同エネルギーで発電された電気を一定の期間と価格で電気事業者が買い取ることを義務付けた。対象となるのは太陽光や風力、地熱などで、買い取りに要した費用は電気代の一部として消費者が負担する仕組みだ。
 とりわけ、太陽光発電の買い取り価格は割高な設定とされる上、用地が確保できれば建設期間が比較的短くて済むため、企業などによる参入が急増。それに伴って、太陽電池の販売も右肩上がりの状態だ。
 太陽光発電協会(JPEA)によると、12年度の太陽電池の国内出荷量は前年度比約2.7倍の約380万キロワットと過去最高を記録。米調査会社IHSによると、13年に日本国内に新規導入される太陽光の発電能力は12年比2.2倍の530万キロワットに拡大し、設備販売額や設置費用などを合計した市場規模が198億ドル(約1兆9380億円)とドイツを抜いて世界1位になる見通しだ。
 一方、これまで好調だった欧州では、1〜3月の太陽光発電の新規導入量が前年同期比34%減と大幅に前年実績を割り込んだ。欧州では、買い取り価格の引き下げなどで太陽光発電への投資が減っていることが背景にある。これまで中国など各国の太陽電池メーカーは欧州市場を主戦場としていたが、同市場の不振で、今後は好調な日本市場への攻勢が強まるのは間違いなさそうだ。

ホームページ テンプレート フリー

Design by